脱毛サロンでレーザーが産声をあげる!

脱毛サロンでレーザーが産声をあげる!

本来、医療用レーザーはあざやホクロなどを焼灼するのに使われてきました。

 

あざの中に毛が生えている例(有毛性母斑)や眉毛の中にホクロがあるといった箱があり、

 

このものたちにレーザーを照射して、あざと共に毛が生えてこなくなったという事例がみられました。

 

つきましては正常な皮膚に直接的にレーザーを照射し、

 

脱毛エステをする調査が始まったのですが、瞬時に壁にぶつかりました。

 

アザ治療は肌をヤケドさせるのが原則ですが、

 

逆に脱毛エステは表皮をヤケドさせない出力で照射するので、毛が再生してしまうのです。

 

続きまして登場したのがアメリカのゴールドバーグ教授によるやり方です。

 

毛は、毛乳頭でリサイクルされると言われています。

 

そうして、この場所を壊せば毛は永遠に生えてこないわけです。

 

これを達成させるために、彼は炭素を利用します。

 

炭素はメラニンよりもレーザーの熱をほとんど吸着するため、

 

まず始めにワックスで脱毛した毛孔に炭素(カーボン)を塗布し、

 

ヤグレーザーを照射し、毛乳頭を損壊しようとしました。

 

韓国でも一様の実験がおこなわれましたが、

 

結論はゴールドバーグ教授が報告したように、永久脱毛にはなりませんでした。

 

これは、カーボンを毛乳頭のポジションまで一般化させるのが難しく、不確実なのが弱みでした。

 

この頃までは、レーザーで脱毛エステすることは無理があると思われていました。

 

日本でレーザー脱毛エステが本格的におこなわれるようになったきっかけは、

 

1996年にUSAのハーバード大学ウエルマン分析所のルビーレーザーによる脱毛の調査を提出です。

 

これは、白人を事柄にした調査でした。

 

この分析結果を知って、ルビーレーザーを日本に輸入しようと2人の日本国民がニューヨークへ赴きます。

 

契約書を交わす前に、念のため自らの腕にレーザーを照射したところ、

 

照射部位が赤く腫れあがり、宿泊施設に帰ってからもよくならないです。

 

切迫感を募らせた彼らは、ルビーレーザーの販売元であるパロマー社との契約をストップし、

 

サイノシュア杜のフルモト博士にコンタクトを取ります。

 

そこで披露されたのが今、日本で多く使われているアレキサンドライトレーザーなのです。

 

この器械による照射では、人肌へのダメージもなく、

 

エステ脱毛効果が得られました。

 

その後、平成9年から、日本でのレーザー脱毛が始動されたのです。